1.募金活動について

三陸町吉浜地区の漁業復活に向けた募金活動を行っています

三陸町吉浜地区は、岩手県大船渡市の北に位置する吉浜湾に面した人口約1400人の町です。
主な産業は漁業で、吉浜、扇洞、根白、千歳のそれぞれの集落に漁港があり、約300人の漁師が漁業によって家族の暮らしを支えています。
名産の吉浜鮑(キッピンアワビ)は中華料理の最高級食材として高い評価を得ています。また、高品質な三陸産ホタテやワカメの養殖も盛んです。

東日本大震災では、特に三陸沿岸部での津波による甚大な被害が報告されています。
吉浜地区は明治、昭和の過去2度にわたる大津波の教訓から、住宅を高所に移転していたことが幸いし、最大20mにも達した今回の大津波でも家屋の被害を3~4件に留めることができました。

しかし、漁業は今回の津波によって大きなダメージを受けました。
漁師は漁具を失い、漁船の多くは行方がわからなくなってしまっています。
損傷が少なく再生できる漁船も、造船所が流されてしまった為に、修理することもできません。
年配の漁師のなかには、廃業を考えはじめている人もいます。
被害が少なかった地域だけに、漁を行う環境さえ整えばこの地区は早い段階での復興が実現できると信じています。

私たちは、地元造船所の再建が漁業復活の第一歩と考え、まずは地域の造船所”石橋造船”の再建を目的とした募金活動を行っております。
皆様よりお寄せいただきました募金は責任を持って全額を石橋造船へ届けます。

皆様のご協力・応援お願いいたします。

2011.3.31

故郷の復興を願い


Top Pageに戻る

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト