« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月25日 (月)

支援金をお届けしました(7月13日とりまとめ分)

先週、石橋造船小松さんを訪ね、皆様よりお預かりしました支援金1,547,000円を直接お届けしました。
支援金をお渡しすると共に、この支援が造船所の再建を願う多くのかたの支えによって成り立っていることも伝えてまいりました。
支援金口座にご寄付いただきました分については、口座の明細を提出し、ご支援いただいた方々のお名前をお伝えしました。
街頭募金については、金額内訳とともに募金活動の様子をお伝えしました。
多くのかたが募金に協力してくれたこと、募金と一緒に頂いた温かく優しい言葉、会場近くで働く人達が応援してくれたこと、総勢19名の有志が活動に参加し、休憩も忘れ呼び掛けを続けてくれたことなどなど、このお金は多くの善意が共鳴した結果であることを細かに紹介しました。
何度も何度も「ありがたい」と言っては、うなずきながら話を聞いている小松さんの姿が印象的でした。
震災後まもない頃、本プロジェクトの開始にあたって、小松さんは“人生最後の仕事”として地域造船所の継続を約束してくれました。
今もこの決意は変わることなく、仮作業場では漁船修理が続けられています。

<修理中の漁船>
Boat110719r_4

2011年7月13日 (水)

ご報告

はじめに、久々の更新となってしまいましたことをお詫び申し上げます。

口座開設以降、多くの皆さまより寄付金をお寄せいただき、街頭募金と合わせた金額は、当初の目標金額の約半分となりました。
ご協力、誠にありがとうございます。

この度、皆さまよりお預かりしております支援金を一旦とりまとめ、造船所の再建準備費用として石橋造船小松さんへお届けすることと致しました。

7月13日時点、お寄せいただきました支援金の合計金額は1,547,203円です。
今回、責任もってこの全額を直接手渡ししてきます。(千円未満の203円は次回に繰り越しとさせていただきます)
その際には、支援金口座にご入金いただいた皆さまのお名前が掲載された入金明細も併せて届けます。
また、今回の訪問では、今後の具体的な再建計画や現地漁業の復興計画など現地の状況を確認して、皆さまにご報告できればと考えています。

石橋造船再建プロジェクトは、故郷の漁業復活の力になりたいという一心で始めた活動です。
全くはじめての経験で、至らぬ点も多々あるなか、たくさんの方のあたたかなお力添えにより本プロジェクトは継続できております。

今後も、造船所の再建を目標とした支援活動を続けてまいります。
引き続き、支援金口座での寄付金を受け付けています。
また、募金活動、その他チャリティーイベントなども計画中です。
石橋造船再建プロジェクトの応援をよろしくお願いいたします。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト